生理が来たら膣カンジダは治る?

膣カンジダは女性であればその多くが経験する可能性が高いとされています。これは膣カンジダの原因であるカンジダ菌が本来体の中に存在する常在菌であることが関係しています。
体のなかにもともと存在している菌だからこそ、もしも感染していたり、発症しても気が付きにくいというわけです。本来、膣内にカンジダ菌がいたとしても発症さえしていなければさほど問題はありません。
先に挙げたようにカンジダ菌は常在菌の一種、それをいちいち治療していてはきりがありません。

ただ、具体的に不快な状態が続いている場合には注意が必要です。膣カンジダは体の免疫力が低下しているタイミングで発症することが多く、女性の場合には生理前にそうなることが大半です。
もちろん、体調不良や睡眠不足など、この他の要因でも免疫力の低下は引き起こされますが、毎月のようにおとずれる生理だからこそ、注意が必要になってきます。
女性の体は生理前になると女性ホルモンの影響で体の状態が少しずつ変化していきます。その際、膣内は酸性の状態になり、カンジダ菌がより繁殖しやすい状態になっていきます。
また、生理前はホルモンバランスの乱れから女性の体調が変化しやすいときでもあります。条件がいくつも重なった場合には、膣カンジダも発症しやすくなってしまうわけです。

ただ、膣カンジダは自然治癒も可能な病気です。生理前に菌が増殖して膣カンジダを発症しても、生理によって膣内の状態がまた変化して増殖を食い止めることが出来ます。
ナプキンをこまめに取り換えるなど、患部を清潔に保ったりかぶれを防いだりすることで膣内が酸性に偏りすぎるのを防ぎます。
生理前に起こり出した膣カンジダが生理によって治ったと感じるのはこうした理由があるからです。もちろん、治ったと感じたとしても、菌は膣内に存在しているためまた免疫力が低下すれば再発する恐れがあります。
中には生理中、ナプキンをこまめに取り換えるなどして工夫していても状態が改善されない人もいるため万人がこの通りになるわけではありません。
とはいえ、患部を清潔に保つこと、日ごろからかぶれやあせもなどに注意することで、自然治癒の可能性は高まります。

生理前はカンジダにかかりやすいので注意する

生理前の膣状態は先に挙げたように酸性に偏っていきます。さらに、これにおりものや生理中の経血によるかぶれ、蒸れが伴うことでカンジダ菌は増殖しやすくなります。
ポイントとして押さえておきたいのは患部を常に清潔に保つことです。とはいえ、不用意に膣周辺を洗うのは時に危険なこともあります。膣内から分泌されるおりものは菌の増殖を防いだり、感染を予防する働きもあります。
このおりものまできれいに洗い流してしまえば、逆にカンジダ菌に感染したり、菌が増殖するリスクを高めてしまうわけです。

では、具体的に膣カンジダにならないために、自然治癒するためにどうすればいいのでしょうか。まずは先に挙げた方法、ナプキンをこまめにかえるなど身近な工夫を徹底していきます。
患部を洗う際にもトイレのウォシュレットを使って表面だけを洗うようにしていきます。たったこれだけでも膣周辺をベストな状態に維持することが出来ます。
さらに、必要に応じて専用の膣洗浄を行うのもおすすめです。ただの水道水で膣内を洗うと体に必要な常在菌、おりものまで失ってしまいますが、専用の膣洗浄であればそれらは残したまま、体に悪い菌だけを取り除いていくことができます。
もちろん、タダでできることではないので常に膣洗浄をしなければならないというわけではありませんが、もしもあまり辛い場合にはやってみるに越したことはありません。
とはいえ、あまりに膣カンジダがひどく日常生活にも支障が出るようであれば早めに治療に取り組むのがおすすめです。
生理期間中を避けて、カンジダ症について医療機関で相談する、たったこれだけでも具体的な治療法が見いだせますし、抗生剤を使って短期間に膣カンジダを改善していくことが出来ます。

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る