膣カンジダに似ている症状の病気

診察を受ける女性

カンジダ菌が膣に感染して炎症を起こすものが膣カンジダです。カンジダ菌は日和見菌で誰の体の中にも常在しています。ホルモンバランスが崩れたり、免疫力が低下して異常増殖することが膣カンジダの原因であることがほとんどです。
女性の性器に発症する感染症では5人に1人が経験しているほどの割合です。
膣カンジダになると外陰部や膣にかゆみを伴う症状がみられます。また、おりものが酒かすのような固まった状態になります。

このような症状や状態になる感染症は他にもいくつかあります。例えばトリコモナスです。細菌ではなく原虫が性器内に入り込んで炎症を起こす病気です。原虫が性器に入ることが原因なので性行為や原虫のついたもので性器に触れた時に感染します。
症状としては外陰部や膣にかゆみとおりものが泡状になって増加します。

細菌性腟症は、カンジダ菌と同じような日和見菌が原因で炎症を起こしている病気です。多種の菌が増殖している恐れがあるため、どの菌に感染しているかを調べてから対応する必要があります。症状としてはおりものが灰色になります。

萎縮性膣炎は、主に閉経後に発症します。女性ホルモンの分泌が低下することで膣内の潤いがなくなり雑菌が繁殖するために起こる炎症です。出血や性交痛、おりものが黄色くなり悪臭が出ることがあります。

子宮頸管炎は膣から子宮につながる子宮頸管に炎症が起こっている状態です。原因としては性行為によって微生物に感染することや大腸菌やブドウ球菌などの細菌への感染することが考えられます。
主な症状としてはおりものがうすい黄色になり粘液性がある状態になります。また炎症による違和感や痛みを感じることもあります。
このように膣やその周辺に発症する性器の病気は多くあります。それぞれの症状によって効果のある対応が変わってくるため原因を究明することが重要になります。できる限り症状を明確にして、問診の時に説明し適切な検査を行う必要があります。

病気を自己判断するのは危険なので医師の診察を受ける

膣やその周辺に発症する疾患にはカンジダやトリコモナス、細菌性腟症、萎縮性膣炎、子宮頸管炎などがあります。自覚症状としては、膣や下腹部の違和感やかゆみなどがあります。程度に違いがありますがそれだけで病気を見分けることは困難です。
これらの病気で異なる特徴としておりものの状態があります。カンジダでは酒かすのような固まった状態になります。トリコモナスの場合は泡状になり量も増えます。細菌性腟症はうみのようにうすい黄色で粘液性が高くなります。
萎縮性膣炎では乾燥することから黄色くなって悪臭を放つことがあります。子宮頸管炎も細菌性腟症と同じようにうみのような状態になります。
見た目でわかるため、区別がつきやすいですが自己判断は危険を伴います。それぞれの病気で必要な治療方法は異なるため、間違った判断で対応した場合、長期化する恐れも可能性もありますし、悪化することも考えられます。

また、自己判断で対応したことによって副作用で悩まされる恐れもあります。
感染症以外にもかぶれや水ぶくれなど他の病気であることも考えられます。中には長期放置することで癌に発展する可能性もあります。早期発見によって治療することができる病気も対応が遅れることによって間に合わない恐れも出てきます。
正しい対応をするためには適切な検査を行い、原因を究明することが重要です。そのためには医師の診察を受けることが必要になります。異常を感じたら早いうちに医療機関への受診を検討することが安心への近道です。
恥ずかしさや面倒さから自己判断して手当が遅れることは最も危険です。膣カンジダなど多くの女性が診断される病気もあるので恥ずかしがる必要はありません。

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る