膣カンジダの人と性行為をするのは危険?

カンジダ菌というのはもとから膣や皮膚、口などにいる菌で真菌の一つです。健康な時は全く問題はなく、何の影響も受けないのですが、病気で抵抗力が落ちている時や、妊娠時に膣の自浄作用が落ちている時、抗生物質を長期で使っているとき等に、カンジダ菌は増殖してきて、灼熱感やひどい炎症を引き起こすことがあります。
膣のカンジダ増殖の場合は普段とは違うオリモノが増え、はれぼったい感じが増すのが特徴です。普段とは様子が違うので、おかしいと気づきやすいです。男性にとって、膣のカンジダ菌が増殖して炎症が起きている女性との性行為は、命に危険が及ぶというのではありませんが、お互いそのままでいると、パートナー間でずっとカンジダ菌が増殖したまま、いったりきたりの状態になりますから完治できず、双方ともにさらに炎症はひどくなっていく危険性はあります。

そもそも男性は女性と違ってカンジダについては自覚症状を感じにくいので、もし男性側がはじめに何らかの原因でカンジダ菌を増殖させていて、女性に感染させていたとしても気づきにくいものです。
ですから、対処法としては、男女の双方が完治するまで、性行為をやめる必要があります。そうしなければ感染はずっとおさまりません。治療の仕方は、女性の場合は膣洗浄を産婦人科などでしてもらって、膣に錠剤を入れて滅菌します。
自宅でも決められた通りに錠剤を挿入して治します。男性の場合も、産婦人科でパートナーの女性が診察を受けた場合は、処方してもらえますから、恥ずかしがらずに相談をすればよいです。
こうしてお互いに対処を怠らず、しっかり状況を改善させることが大切です。軽症の場合は自然に治癒することもありますが、再発もしやすい病気ですので今後のためにもおかしいと思ったらパートナー同志で相談をし、治すことを心がけてください。
双方ともが同時に治療をすることが肝心です。また、蒸れると、余計に菌は増殖しますから、通気性をよくしましょう。

膣カンジダの人と性行為をした場合は性器の洗浄をする

自覚症状のあるなしにかかわらず、パートナーのどちらかがカンジダ症だと感じたりわかったりした場合は、性器の洗浄をまず行いましょう。男性の場合は、特に亀頭の部分を念入りに洗浄してください。
男性は自宅ででもできますが、女性の場合は性器の洗浄は産婦人科でしてもらうのが確実でしょう。高温多湿状態を菌は好みますから、蒸れないように緩やかな綿の下着をつけ、あまりぴったりした衣服は身に着けず、蒸れない、ゆったりしたものを着用しましょう。
下着衣服は清潔を心がけて、頻繁に洗って、交換してください。また、普段からのコンドームの装着も感染予防に役立ちます。しかし、すでに膣カンジダだとわかっているパートナーとは、相手の体調の事も考えて性行為は慎むべきです。

カンジダ菌の増殖は先程も述べましたが体調不良時に起きることが多く、他の大きな病気のせいでなる事もありますから、自分自身の体のことですので、よく考えておかしいところがあれば、信頼できる医療機関に受診しましょう。
妊婦さんの場合はよくある事ですので、過剰に心配する必要はありません。早目に医師に伝えて治してもらいましょう。出産までには完治しているほうが良いです。人間の体はデリケートで、調子が悪いと何かしらサインを出してきます。
ちょっとしたことだと思える状況であれば、体をいたわって休ませながらとりあえずは様子を見ればよいです。消化の良いもので栄養のあるものを摂取して回復を待ちましょう。
それでも、状況が改善しない、さらに悪くなるというようであればかかりつけのお医者さんに相談しましょう。何事も早目が肝心です。なお、カンジダ症は誰でもなりうる病気です。恥ずかしがる必要はありません。

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る