膣カンジダの治療にはジェネリック医薬品がおすすめ

膣カンジダを治療する場合には、適切な治療を受けることが大切です。放っておくと、性行為をした際に相手にうつしてしまう可能性が高くなります。
膣カンジダにおすすめなのが、ジェネリックの製品を使用することです。抗真菌を目的として、真菌を殺菌することで完治へ導くことができます。真菌細胞膜を構成する成分の生合成を阻害することで真菌を殺菌する仕組みです。

消化器真菌症や、呼吸器真菌症などの治療にも用いられる場合があります。フォルカンと呼ばれているものなどがあります。
ジェネリックの製品は、比較的安く購入することができるのが特徴です。価格が低いからといって効果が低いわけではないため、高い治癒効果を期待できます。
フォルカンは比較的副作用は少ないとされていますが、まれに、発疹や下痢、吐き気、腹痛などがおきる場合があります。
膣カンジダによって下腹部が痛む場合がありますが、フォルカンによって痛みが生じた場合には、一度使用を控え、医師に相談することをおすすめします。特に発疹がひどくなる場合にはすぐに医師の診察を受けましょう。
フォルカンなどを使用する際には妊娠中の服用や、肝臓病、心臓病、電解質異常、高齢者が服用する場合には注意が必要となる場合がありますので、医師の指示に従って服用しましょう。
ジェネリックの製品を希望する場合には、処方箋が出される際に、直接医師に希望を伝えることで処方が可能です。インターネットで購入することができるジェネリックの製品もありますが、まずは病院で診断を受けることをおすすめします。
自己判断で使用するのは危険ですので避けましょう。

カンジダは体内にもともと潜んでいるカビの一種で、免疫力が低下した際などに増殖する場合があります。
特に睡眠不足や栄養バランスが悪い食事が続いた場合、またはストレスなどで免疫力が落ちると性器まわりがかゆくなったり、オリモノが増えたりして気づくことが多くあります。
一度完治をしても、免疫力が低下してしまうと再発を繰り返すため、リーズナブルな価格のジェネリックで治療を行うことをおすすめします。

ジェネリック医薬品は何故安価に購入可能?

フォルカンをはじめ、ジェネリックの製品が安価な理由は、特許がきれた先発の製品の成分を用いているためです。成分自体の研究開発費用がかからないため、安価で購入することができるのです。
先発の製品の研究開発には、一般的におよそ10年から15年ほどが費やされ、費用にすると250億円から500億円がかけられる場合があります。そのため、先発の製品は値段が高く設定されます。
ジェネリックの製品は先発の製品と同じ成分が含まれている場合でも、3割から6割ほどの価格で購入することができます。
開発費は、先発の製品と品質が同等かという試験をする場合や、形態を変化させるという製品開発を行う費用がかかりますが、3000万円から5000万円ほどにおさえることが可能です。

膣カンジダに効果的なフォルカンは、先発のジフルカンと同じ成分と効果があり、女性器の潤いを保つ効果も期待できます。性器周辺の違和感や痛み、臭いや排尿時の痛み、性交痛の緩和にも効果があります。
フォルカンの使用方法は、経口服用です。服用する量や期間などは医師の指示に従うようにしましょう。
通常、膣カンジダの治療に用いられる塗布をするタイプのものは、一日に複数回患部に塗る必要があるため、内服するタイプは外出時でも服用しやすく、ストレスなく治療を行うことができる特徴があります。
フォルカンは50ミリグラム、150ミリグラム、250ミリグラムなど、幾つかの種類がありますが、含まれている有効成分は同等です。含まれている量が異なるため、自分に合うものを処方してもらうようにしましょう。
飲み合わせが悪いとされているものもあるため、副作用がおきないようにするためにもフォルカンの他に違う薬を服用している場合には、必ず医師に相談をしましょう。
膣カンジダを繰り返しおこさないために、日常生活に気をつけることも大切なポイントです。

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る