HIVに感染したらエイズで死ぬというのはもう古い

エイズと言えば、すぐに死がイメージされてしまうほど昔から恐れられている病気です。ただエイズになったからといってすぐに死亡する訳ではなく、最近は医療の発展により病気と上手に付き合いながら長く生きられるようになってきました。
そもそも、未だにHIVとエイズの違いがはっきりわかっていない人も多いです。HIVに感染したら「もうすぐに死んでしまう」と絶望してしまう人もいますが、そうではなく、段階をふんで病気は進行していきます。

まずHIVとは「ヒト免疫不全ウイルス」とも呼ばれ、免疫の働きを助ける役目を持つTリンパ球やCD4陽性細胞に感染し、破壊していきます。
HIVに感染してエイズが発症するまでには個人差がありますが、何も治療を受けなければ2~10年程度と言われています。
ちなみにHIVに感染すると、初期症状としてインフルエンザのような体調不良が起こるケースがあります。発熱や咽頭炎、発疹などが起こり得ますが、約2週間後に発症し、数日~数週間後に治癒していきます。
ただし感染者の全てが初期症状が出る訳ではなく、感染しても何も体に異変が出ない人もいれば、たまたまその時期に風邪を引いて感染不安に陥るケースもあります。

一方のエイズは、日本名「後天性免疫不全症候群」の事で、HIVウイルスに感染した事によって免疫が機能しなくなりそれによって発症した状態の事を言います。免疫力が下がる事で、健康な人なら普通はかからないような病気におかされてしまいます。
エイズ指標疾患としてカポジ肉腫、悪性リンパ種、悪性腫瘍など23種類が指定されているのですが、この中の病気に1つ以上かかったらエイズを発症したと事になります。
通常はHIVに感染してから時間をかけてエイズを発症するのですが、日本では「いきなりエイズ」というもの問題視されています。体の不調を感じて病院へ行くと、もう既にエイズを発症してしまっている状態です。
適切な治療を受ければ免疫力が回復し、普通に生活出来るまで回復する事もありますが、一番重要な事はHIVに感染しないために予防する事で、日頃から予防法を頭に入れておく事が大切です。

もしHIVに感染した場合はどうすれば良い?

HIVは感染力が弱いウイルスなので、空気や水に触れれば感染力を失います。またHIVウイルスが含まれているものは精液、膣分泌液、血液、母乳に限られているので、日常生活の中で感染する事はありません。
感染経路の中で最も多いとされるのが、性行為によるものなのですが、これはHIVを保有している体液と粘膜が濃厚に接触するからです。予防法としては、不特定多数の相手と関係を持たない、そして性行為の際にはコンドームを装着する事が基本です。
コンドームは途中からつけても意味がなく、最初から最後まで装着するようにします。

もし感染不安がある場合は検査を受ける必要があります。保健所や病院で匿名によって検査を受ける事が出来ます。ただし不安行為からすぐに検査を受けても正確な診断は出来ず、3か月ぐらい経過してから受けるのが確実です。
検査を受けるまでの期間、初期症状などが出なくてもパートナーに感染させてしまう可能性があるので注意が必要です。また不安で検査を受けたくないと考える人も多いですが、HIV感染において、早期発見する事はとても大事なのです。
HIVを早期発見する事で早くから適切な治療が受けられます。早い時期から治療を受ける事で、多くの人が健常者と同じぐらいまで免疫力が回復し、寿命も健常者と変わらないくらいになると言われています。

一方で、治療が遅れると免疫力が回復しづらくなり、平均余命も短くなってきます。エイズを発症した場合は2年ぐらいで死亡するとされてますが、もちろん個人差はあり、病気が発覚した時点で治療を受ける事で回復も望めます。
ただし免疫力が低下している人やエイズを発症した人は様々な病気になりやすく、回復が難しい病気を発症することがあります。
後で後悔しないためにも、また大切なパートナーや家族に感染させないためにも、早期発見と早期治療が重要です。

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る